セラミックス材料 -Ceramics Material- -陶瓷材料-

各種セラミックス材料の取り扱いございます。表面処理や特殊金属材料でも効果が思うように得られない場合や、更なる性能向上を狙う場合はセラミックス材料の使用を御検討下さい。厚膜CVD-SiC、炭化珪素、窒化珪素、高強度窒化珪素、アルミナ、ジルコニア等各種 ファインセラミックスの他、耐火物系セラミックスもご相談承ります。

CVD-SiC

CVD-SiCの特徴 -Features-

SiC基盤かC基盤の上にSiCを化学蒸着させ、無欠陥のCVD-SiCを積層します。主にガラスレンズ用セラミックス型の表面に御使用頂いております。

MAX 7mm厚の施工可。注)生産量の問題があるため販売実績は5mm以上保証となります。弊社のCVDはレンズ型使用を主目的としており、結晶粒微細化のチューニングがされております。

製造方法 -Production method-

CVD-SiC製造方法

CVD-SiC膜形成過程概念 -Conceptualize-

CVD-SiC膜形成過程概念

材料

炭化珪素(SiC) 窒化珪素(SN) アルミナ(Al203) ジルコニア(ZrO2)

ファインセラミックス -Fine ceramics- -精细陶瓷-

ファインセラミックス製品概要 -Summary- -精细陶瓷-

取扱いファインセラミックス
アルミナ・炭化ケイ素・窒化ケイ素・ジルコニア
その他各種セラミックス

・1個から製作致します。
・小物から大物まで対応可。

ファインセラミックスの特徴 -Features-

耐食性、高強度、耐熱衝撃性、耐摩耗性半導体装置、金属溶湯に接する部位、高温高強度を要求される部位に使用されております。適正材料は仕様用途により御提案させて頂きます。

型種類 -Mmold type-

バインダレス超硬型 CVD-SiC型 GC型

セラミック接合 -Ceramic joining- -接合陶瓷-

セラミック接合の特徴 -Features- -接合陶瓷的特点-

セラミック接合

CVD-SiCやアモルファスカーボンとSiCの接合を行います。単品での使用では強度やコスト的に問題がある場合にSiCに接合を行います。

・100×150×9tのアモルファスカーボン(AC)の接合に成功致しました。
・R-SiC接合の特許出願中

接合可能材料 -Available material-

CVD-SiC + SiC
SiC + SiC
CVD-SiC + R-SiC 特許申請中
AC + SiC 独自開発

CVD-SiC  +  SiC

SiC  +  SiC

CVD-SiC  +  R-SiC   特許申請中

AC  +  SiC   独自開発

PAGETOP
Copyright © 2015, Tokai Engineering Service. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top